>  > あの時間こそ最高の時間だという事に気づきました

あの時間こそ最高の時間だという事に気づきました

同僚でキャバクラが大好きなやつがいるんです。毎週末行ってるみたいで、一応表面上では話を合わせていてあげてはいましたけど、内心ではそこまで楽しいものなのかなって思っていたんですよ。でもその同僚に誘われて、キャバクラに行ってきたんです。生まれて初めてのキャバクラだったんですけど、同僚が絶賛しているのもよく分かりました。むしろ、内心馬鹿にしていて申し訳ないとさえ思いました。綺麗な女の子がフロアにこれでもかといるんです。ライトも眩しいし、とにかくすべてがゴージャス。場の空気に圧倒されてしまいました。でもそれがまた楽しいんですよ。あの雰囲気を味わう事が出来るっていうのはある意味贅沢だし、刺激とか何からいろいろなものを楽しむ事が出来る場所なんだなって事を知れました。それに自分たちのテーブルについてくれた由紀という女の子、ドレスから見える谷間のおかげで、自分はもうお酒も良い感じで回って最高の気分になれましたね。

[ 2015-03-05 ]

カテゴリ: キャバクラ体験談